立体造形会社の日本美術工芸の3Dソリューション


 造形の世界は数年前まで手作業が中心の業界でした。そうした中3D モデリングソフトの進化、CAM のメッシュデータ化対応により、機械切削によるモデリングが可能になってきました。
その進化によって造形のプロセスも変わってきています。
 新しい技術が新しいものづくりのかたちを形成する。その環境、ステージが新たに創設された私達の仕事場です。
 次々と進化する技術に、絶えず敏感でなければならない、3D スキャナや3D プリンターといった機材の使いこなしは勿論、より有効な活用方法があるのか、絶えず模索していなければなりません。
 コンピュテーショナルデザインは、一つのアルゴリズムから無数のパターン、無数のパーツを作り出していきます。
従来の技術では対応不可能な技術を、私達は得意分野としています。
 私達はロボットアームで複数のツールが選択でき同じプロセスで並行して稼働するシステムにも取り組んでいます。
デザイナー、設計者の創造の意欲に最先端の技術でお付き合いできるよう好奇心と向上心をもってプロジェクトに挑戦していきたいと思っています。